ゼマイティス・アコースティックギター「CAF-85」登場!

最近はChayさんが「ZEMAITIS CAF-80HCW Denim Black」を使用して話題となりましたが、そちらのマイナーチェンジをした新しいモデル「CAF-85」が登場しました。

ZEMAITIS CAF-85H Orchestra Model

ZEMAITIS CAF-85HCW Orchestra Model Cutaway

今までのモデルとの仕様の違いは・・・こちら!

サウンドホール周りにローズウッド柄(Natural)、またはメイプル柄(Forest Green、Denim Black)のウッディーなロゼッタを採用!

ウッディーなモデルといっても、トイ・ストーリーのウッディのようなというわけではなく(ちなみに私はトイ・ストーリー3を映画館で見て泣きました)、ナチュラルな雰囲気が増したような印象です。

サウンドは従来のモデルと変わらず、コストパフォーマンスに優れたモデルとなっております。

当店YouTubeでもCAF-80HCWをご紹介しております

そして、新色にFaded Redも登場!

こちらもメイプル柄のウッディーなロゼッタを採用したモデルとなっており、小ぶりなCAM-85Hもラインナップ。木目の見えるこの赤いカラーが良い雰囲気を出しております。

ゼマイティスのアコギをお探しでしたら、品ぞろえ豊富な御茶ノ水楽器センターに是非一度ご来店ください。通販も行っております。

ツイッターやインスタグラムでは新入荷商品の情報を随時投稿しております。気になりましたら、ぜひフォローの程、何卒よろしくお願いいたします。

当店ツイッター

当店インスタグラム

https://www.instagram.com/ochanomizugakkicenter/

「ゼマイティスVIPルーム」爆誕!

どうも、御茶ノ水楽器センターの愛猫家、Y田です。

今回は御茶ノ水楽器センターの店内に誕生した特設スペース「ゼマイティスVIPルーム」について解説していきます!押忍!

まずは全景↓

ダッダァ∼ン!!

(ボヨヨンボヨヨン♪)

どうですか~このラグジュアリーな雰囲気~♪

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、以前ゼマイティスの聖地として神田の高架下に「ゼマイティス・ミュージアム」というゼマイティス専門店がございました。そのミュージアムが無くなってしまった今、どうにか近いものを作れないかと、現在ゼマイティスの旗艦店である当店、御茶ノ水楽器センター内に作ったのがこの「ゼマイティスVIPルーム」なんでございます!!はい。

現在、ゼマイティスのブランドホルダーである神田商会の直営店舗として、ゼマイティスの旗艦店として、現在ラインナップされているゼマイティスを全て展示、販売をしているんでございます。はい。

2000年初頭から販売が開始された「トニーズ・コレクション」をはじめ、その後のシリーズ「アンタナス」「カスタムショップ」、現在メインで生産している「MFG」「MFGV」「DFG」「SCW」「SEW」「SFW」「ヴァーチュオーゾ・シリーズ」をラインナップ。

新品のゼマイティスをゆっくりと、じっくりとお試しいただける空間となっております。

ゆったりとしたソファーで試奏出来ますヨ
トニー・ゼマイティスに見守られながら
お水なんかもあり
ハンドメイド・ブランド、一点モノの個人製作家の作品も

いかがでしたでしょうか。日本広しといえども、ゼマイティスをこれだけの本数展示しているショップは他にありません!

まるで隠れ家のような、ゼマイティスVIPルームでゆっくりとじっくりとゼマイティスを心ゆくまでご堪能いただけますヨ♪

ゼマイティスにご興味のある方は是非旗艦店である「御茶ノ水楽器センター」へ一度足をお運びくださいませ!

ではまた!

最上級グレード、ゼマイティス「THE PORTRAIT Pearl Front, Ring Chess」入荷!

皆さんこんにちは!

立春は過ぎましたが、まだまだ寒さが続くこの季節、いかがお過ごしでしょうか?

御茶ノ水楽器センターでは、ギンギラギンにさりげなく・・・いや、ギンギラギンで際立つ、この美しい1本が入荷しました!

ZEMAITIS THE PORTRAIT Pearl Front, Ring Chess

まばゆい輝き・・・もっとボディに近づいてみましょう。

ドンッ

煌めいてますね・・・スラムダンクでおなじみの、煌めくときにとらわれてますね・・・

更に、ドン

こちらの美しい輝きは ボディー・トップにマザー・オブ・パールとソリッド・アバロンを使用した、豪華な装飾をしたゼマイティスならではのデザイン性の高いモデルです。 モデル名に入ったChessは、ボディー・トップのセンターにアバロンとマザー・オブ・パールが格子状に並び、まるでチェスボード(チェス盤)を思わせることに由来しております。

そもそも、この THE PORTRAIT(ザ・ポートレイト) とはなんぞやというところですが

THE PORTRAIT(ザ・ポートレイト)モデルはゼマイティスのラインナップの中でも最上級グレードとして誕生しました。
価値のあるプレミアムな素材を集め、開発部門が現在持っている最先端で最高の技術を存分に駆使し、細部にこだわり日本で製作したモデルです。
トニー・ゼマイティスが生み出した英国発祥のゼマイティスらしさやデザインは継承しつつ、最前線でプレイするギタリストやギター・テクニシャンたちへの徹底的なヒヤリングを重ね、パーツ、装飾、仕上がりのどの点においても現代のトップ・プレイヤーが十分に満足するモデルに仕上がっています。

と、ゼマイティスの伝統を、現在に求められている物へ融合し、革新していくモデルとなっております。

ですので、もちろんその魅力はボディトップだけではございません。

眩いパールに鏃プレートのデザイン、よりギターの存在感を引き立たせるヘッド。

ボーン・ナットはトニー・ゼマイティスの手法に倣い、手作業によるスキャロップ加工を施しています。 スキャロップナットは、音の分離が良くなるといわれております。

ボディー・バック、ネックには、厳選されたアフリカン・マホガニーを採用。 ラッカーフィニッシュです。

ピックアップは、メタル・カバード・タイプのリンディー・フレーリンのピュアP.A.F.を2基搭載し、コントロールは定評のあるCTSポットを使用し、各ピックアップ・ヴォリュームと各ピックアップ・トーンのレイアウトです。
スイッチクラフト製の3ウェイ・ピックアップ・セレクター・スイッチを備え、トーンのキャパシターはオレンジ・ドロップを使用し、内部の配線方法はヴィンテージ50sトーン・ワイアリングを採用しています。
また、ヴォリュームを絞った際にもフル・ヴォリュームと変わらないトーンを実現するトレブル・ブリード・サーキットも導入しています。

ペグには信頼性の高いゴトー製のロッキング・チューナーを使用し、チューニングの安定性を確保しています。

ニューモデルのパール・フロントは、脈々と続くゼマイティスのパール・フロント特有のトーンを継承しています。

2004年には ジョーペリー(エアロスミス)、ジョーウォルシュ(イーグルス)がゼマイティスギターを使用し話題を呼びました。

現在ではBAND-MAIDの小鳩ミクさん、GLAYのHISASHIさん、布袋寅泰さん、プリンセス プリンセスの中山加奈子さん等々、日本人アーティストの使用により、更に国内人気も高まるゼマイティス。

そのゼマイティスの新たなる1ページを刻み始めたこのモデル、生産本数は限られたものとなっておりますので、気になられました方は、是非当店のWEBサイトよりご覧ください。

下記から当店WEBサイト商品ページに飛べます!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

ZEMAITIS THE PORTRAIT Pearl Front, Ring Chess

御茶ノ水楽器センターではインスタグラム、ツイッター等、SNSも好評配信中!入荷した商品の情報をいち早くアップしておりますので、よろしければフォローよろしくお願い致します!

また、御茶ノ水楽器センターYouTubeチャンネルでは、入荷したギター等の試奏、レビューも行っております!

YouTubeはこちらからどうぞ

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

御茶ノ水楽器センターYouTubeチャンネル

Miku Kobato Special Exhibition開催決定!!

皆様こんにちは!御茶ノ水楽器センターです!

先日ゼマイティスより発売されました小鳩ミク(BAND-MAID)氏のシグネチュアモデル『A24MF-FP “Flappy Pigeon”(フラッピー・ピジョン)』ですが、お盟主の皆様はもうチェックされましたでしょうか

2021年2月11日の単独お給仕で小鳩ミク氏が手にしていたメタル・フロント・モデル

小鳩氏がインスタグラムにアップされた写真以外に目立った情報がなく、約1か月謎に包まれておりましたが、3月初旬に情報が解禁されると世界各地のニュースサイトで続々と取り上げられ、嬉しいことに発売日の3月9日にはSNSを中心に大盛上がりとなりました

そんな小鳩ミク氏のシグネチュアモデル『A24MF-FP “Flappy Pigeon”』の発売を記念して、当店では特別展の開催を決定いたしました!!

Miku Kobato Special Exhibition

やっと皆様に発表出来ました(笑)

本イベントでは、小鳩氏ご本人の使用機材の展示をはじめ、ライブ写真の展示など、ご来場をされた方々のみが楽しめる素敵な空間をご用意いたします

中でも注目をしていただきたいのは、東京・LINE CUBE SHIBUYAでのお給仕にて、小鳩氏ご本人が使用されたギター2本の展示!

全国18カ所を駆け抜けた2020年のライブツアー『BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 【進化】PRESENTED BY LIVEDAM Ai』は、まだ記憶に新しいですが、なんと今回、そこで実際に使用されたゼマイティスの『A24MF ACE&EIGHTS』と『A24MF LEAF BK』を間近でご覧いただけます!

どこまで近くで観られるのかは、ご来場された方々だけのお楽しみ(^^)

さらに!今回はご来場特典として、イベント限定のリーフレットをご用意しております!

ライブ写真をメインとしたカッコいいデザインで、部屋に飾るのも良し!保存用としてファイリングしておくのも良し!熱狂的な小鳩ファンにはたまらない一枚です!

なお、本イベントは新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底のうえ開催いたしますが、ご来場いただくお客様一人ひとりに安心して楽しんでいただくため、ご来場は完全予約制とさせていただきます

詳しくはイベントの特設ページをご覧くださいませ!

■Miku Kobato Special Exhibition

日時: 2021年4月16日(金)~2021年5月5日(水・祝)

場所: 御茶ノ水楽器センター2F 特設会場

入場: 無料/完全予約制/20分入れ替え制

お問合せ: shopmaster@gakkicenter.com

※本イベントについてのお電話でのお問合せはお控えいただきますよう、何卒お願い申し上げます

皆様のご来場、心よりお待ちいたしております!

ついに誕生!!小鳩ミク(BAND-MAID)シグネチュアモデル

皆様こんにちは!御茶ノ水楽器センターの工藤です!

突然ですが、本日3月9日は何の日でしょう?

まずあの唄を思い浮かべられる方が多いかと思いますが、3月9日は3(ミ)9(ク)の日、ミクの日…

そう、BAND-MAID小鳩ミクさんの日でもあります!

去る2月11日に行われましたBAND-MAIDのオンラインお給仕にて、突如姿を現した謎のゼマイティスギター

SNS等で瞬く間に話題となりましたこちらのギターですが、“小鳩ミクさんの日”であります本日、ついに発売となります!

A24MF-FP “Flappy Pigeon”

ご覧の通り、こちらのモデルにはオリジナル要素ががっつりと詰め込まれております

それでは細かくチェックしていきましょう♪

まずはボディートップ

メタルプレートに描かれた鳩と、ローズデザインのシェル装飾が目を惹きます

ちなみに、こちらのギターには“隠し小鳩”なるデザインが随所に散りばめられております

例えばボディートップのシェル装飾

こちらの画像を傾けると傾けるとぉ~…

他にもいろいろございますので、ぜひ探してみてください!

ピックアップの間には

小鳩さんがゼマイティスを初めて持たれた2016年に因み、“GUITAR KURUPPO M.K&ZEMAITIS SINCE . 2016”の文字が!

ちなみに、従来のデザインはこちらになります

おなじみのデザインを踏襲しつつ、しっかりとオリジナル要素を持たせております

お次はヘッド

鏃(ヤジリ)型のブランドロゴと、小鳩ミクさんオリジナルデザインの彫金が施されているトラスロッドカバーが存在感を放っております

最後に、今回のシグネチュアモデルには小鳩ミクさんオリジナルデザインのプリントが入ったハードケースが付属いたします!

スカイブルーとホワイトの外装に、ゴールドのプリントが美しいケースです

いかがでしたか

小鳩さんご自身が、「このギターと共に世界へ羽ばたいて行く」という想いを込めて『Flappy Pigeon』と名付けられた今回のギターは、ファンの方々にとってたまらないアイテムとなっていること間違いなしです!

ゼマイティス、BAND-MAID、そして小鳩ミクさんファンの方々、ぜひゲットしちゃってください!

最後までご覧いただきありがとうございます!

ZEMAITIS A24MF-FP ″Flappy Pigeon″ Miku Kobato Signature, Matte Black

ゼマイティスの国産アコギ3モデルが登場!

こんにちは!御茶ノ水楽器センターの工藤です!

立春が過ぎ、東京は少しずつ暖かくなってまいりました

季節が本格的に春へと向かう中、ゼマイティスよりニューモデルが3種同時デビューです!

左から『AAJ-1000HSD-E』『AAS-3000HW-E』『AAJ-3000HW-E』

前回までのブログでご紹介をしてまいりましたゼマイティスのアコギはすべて中国製でしたが、今回の3モデルは全て日本製でございます

裏側はこんな感じ

『AAJ-1000HSD-E』のみ色味が異なりますが、こちらはボディバックとサイドに“マホガニー”を採用しており、他の2モデルには“ インディアンローズウッド ”を採用しております

すっかりおなじみの口ひげ型のマスターシュブリッジは3モデル共通

濃いめの色が特徴的なエボニー製のため、よりエレガントな印象となっております

今回のニューモデル(左)と、発売中のCAF-80H(右)のヘッドの比較

どちらもヘッドシェイプこそゼマイティスらしさを継承しておりますが、今回のニューモデルには彫金を施したアルミプレートを用いており、より一層高級感が増しております

こちらは『AAS-3000HW-E』と『AAJ-3000HW-E』の仕様となりますが、指板の12フレット付近に、ゼマイティスらしいハート型のインレイが施されております

今回のニューモデルはエレアコとなっており、3モデル共通のフィッシュマンのプリアンプが搭載されております

また、プリアンプのコントロール部がサウンドホール内にある他、ジャックがエンドピンと一体化しているタイプですので、外観が非常にすっきりとしております(個人的にすごく好きなポイント)

最後に、気になるのは価格ですが

左から順番に¥363,000/¥506,000/¥506,000(税込)

となっております

現在発売中のゼマイティスのアコギの中で断トツ高額ですが、きっとお値段以上の価値があるはずです!

とは言いましても、実際に観たり触ったりしないとピンとこないかと思いますので、コロナ禍ではございますが、お仕事帰りや学校帰りなどにぜひふらっとお店へお越しください

ご試奏等大歓迎です!

布袋寅㤗さんchayさんファンの方々、お待ちしております!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

【新商品】ゼマイティスよりミニサイズのアコギ『CAM-80H』登場

皆様、あけましておめでとうございます!

御茶ノ水楽器センターの工藤です!

皆様は年末年始をどのように過ごされましたでしょうか?

私は例年地元の青森に帰省しているのですが、今年はコロナで帰れず、ひっそりと年末年始を過ごしておりました(´;ω;`)

コロナ第3波と言われている現在、“おうち時間”が増えたという方が多くいらっしゃると思います

おうち時間の過ごし方に悩まれている方、この機会にギターを始めてみませんか?

ゼマイティスCAM-80H

昨年の12月8日に、ゼマイティスのアコギ史上初のカッタウェイを採用したモデルCAF-80HCWが発売されたばかりですが、早くも新作の登場です!

こちらはミニサイズのモデルとなりますので、ゼマイティスの他のモデルと大きさを比較してみましょう

左: CAF-80H 中央: CAM-80H 右: CAF-80HCW

ご覧のとおり今回のニューモデルCAM-80Hは、以前に発売された他のモデルよりも全体的に小さくなっております

ペグの形も違いますね(ヘッドのインレイの色も少し違く見えますが、こちらは個体差となります)

また、CAF-80HCAF-80HCWは共にエレアコ仕様ですが、CAM-80Hにはプリアンプが搭載されていないため、純粋にアコギの音を楽しむことが出来ます

でも音量が必要な場面だとどうしてもエレアコの方が便利になってしまいますよね

そんな時はこれ!

スカイソニックWL-800JP

アコギ用ピックアップのブランドスカイソニック(近年、山下達郎さんがPRO-1を使用されているそうです)のWL-800JPです!

こちらはプラスドライバー一本で大抵のアコギに取り付けが可能な、ワイヤレス仕様のピックアップとなります

小さくなったハート型のサウンドホールにだってご覧のとおり!

簡単取り付けワイヤレス仕様という優れモノですので、いつかライブを出来るようになったら大活躍すること間違いなしでしょう!

最後にカラーラインナップのご紹介です

今回も以前のモデルと同様

フォレストグリーン

ナチュラル

デニムブラック

の3色の展開となります

いかがでしたでしょうか

過去のブログにてゼマイティスの他のアコギもご紹介しておりますので、こちらも併せてご覧ください

これからの“おうち時間”に、ゼマイティスのアコギをぜひ手に取ってみてください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

今回ご紹介した商品

ゼマイティス『CAM-80H Mini Model, Natural』

ゼマイティス『CAM-80H Mini Model, Forest Green』

ゼマイティス『CAM-80H Mini Model, Denim Black』

スカイソニック『WL-800JP Wireless Soundhole Pickup』

ゼマイティス冬の新作『CAF-80HCW』

クーリスマスが今年もやーってくるー♪

ってなわけでこんにちは

御茶ノ水楽器センターの工藤です!

12月になりましたね!

6日まで群馬県高崎市で開催されていた布袋寅㤗さんの企画展「HOTEI 40th Anniversary Guitar Exhibition “時代を奏でた40本の愛機たち”」にはゼマイティスグレッチのギターも展示されていたとの事で

いやぁ~行きたかったです(泣)

そして12月といえばクリスマスですよ!

クリスマスといえばケーキやフライドチキンを食べたり、イルミネーションを観たり、恋人とデートをしたり…

楽しいことがいっぱいありますが、やっぱりクリスマスにはプレゼントも欠かせません!

ということで、今回はゼマイティスより最新作『CAF-80HCW』をご紹介いたします!

ゼマイティスCAF-80HCW

こちらは今年6月に発売され、売り切れが続出しましたCAF-80Hに、ゼマイティスのアコギとしては初のカッタウェイを採用したモデルとなります

左: 『CAF-80HCW』 右: 『CAF-80H

ご覧の通りカッタウェイ以外はほぼ一緒です

しかし!

「普段ハイフレット使わないけど、カッタウェイがあるアコギのデザインが好き!」 という方々(私も 笑)にとって、こちらは待ちに待ったモデルなのではないでしょうか

もちろんハイフレットでの演奏にも優れておりますので、アコギでソロプレイをされる方々にとってもカッタウェイモデルの登場は嬉しいですね!

サウンドホールとその周辺は、女性受け抜群のゼマイティスらしいハートハートハート・・・なデザイン

ブリッジは安定の口ひげ( マスターシュブリッジ )

そして今回のモデルもエレアコですので、便利なチューナーだってもちろん付いています!

カラーラインナップは前回と同じく

ナチュラル

フォレストグレーン

デニムブラック

の3色となっております

最後に価格ですが

¥52,800(税込)

「あれ?ちょっと高くなった?」と思われた方、そうなんです

私は以前に一度ハンドメイドでアコギを製作した事があるのですが、アコギのボディサイド(リム)を曲げながら形成する“リム曲げ”という作業が、それはもうすっっっごく難しいんです

私は当時カッタウェイが無いタイプを製作したのですが、それでもその作業だけで約2週間かかりました←ただの不器用説

要するにアコギにカッタウェイを付けるのにはひと手間かかるため、お値段も上がってしまうという訳です

しかしその分、こだわりは十分に感じて頂けるでしょう!

いかがでしたでしょうか

クリスマスの季節にこちらのギターと出会えた事に運命を感じて頂けましたら、大切な人へのクリスマスプレゼントとして、ゼマイティスCAF-80HCW』 をぜひご検討くださいませ

今回は以上となります

最後までご覧いただきありがとうございました!

今回のギター

ZEMAITISCAF-80HCW Orchestra Model Cutaway, Natural

ZEMAITISCAF-80HCW Orchestra Model Cutaway, Forest Green

ZEMAITISCAF-80HCW Orchestra Model Cutaway, Denim Black

ゼマイティスよりUSAプロデュースの最新作『SCW22』発売!

こんにちは!御茶ノ水楽器センターの工藤です

9月が始まりましたが、まだしばらくは暑い日が続きそうですね(汗)

早く涼しい秋風に吹かれながら美味しいさんまの塩焼きでも食べたいものです(笑)

前置きはさておき、今年の7月と8月に立て続けに新製品が発売されているゼマイティスですが、9月発売のラインナップを以ちまして、USAプロデュースの製品は一旦全て出揃うこととなります

そんなクライマックスに相応しいラインナップの中から、今回はこちらをご紹介!

『SCW22』

今回新発売となりました全10モデルの中でも一際異彩を放つこちらのモデルですが、基本的なシェイプは、布袋寅㤗さんをはじめとした様々なアーティストの方が使用されている、ディスクフロントでお馴染みのデュオカットを彷彿とさせるデザインとなっております

選べる3つのカラーバリエーション

今回『SCW22』には個性豊かな3色のカラーをご用意しております

大人気“Metallic Red”

こちらのカラーは様々なギターに見られるお馴染みのカラーですね。癖が無いカラーですので、たくさんの方々に幅広くお使いいただけることでしょう

エレガントな“Metallic Gray”

こちらは3色の中で最も控えめなグレーカラーありながら、メタリックが高級感を醸し出しております。何とも落ち着いた印象のカラーです

ちょっぴりやんちゃ?な“Dark Metallic Blue”

こちらも他の2カラーと同じくメタリックカラーですが、ベースカラーのダークブルーがどことなくやんちゃな雰囲気を感じさせます(笑)

いかがでしょうか

どれも素敵なカラーですが、今後の反響次第では新色が追加されるかも!?

『SCW22』の特徴をご紹介

お次は『SCW22』の特徴をご紹介いたします

こちらのギター、ピックアップは8月に発売されましたヴァーチョーゾhttps://www.gakkicenter.com/SHOP/141043/218120/list.html)と同じものが搭載されておりますが、コントロールはヴォリューム、トーン、そしてセレクターととってもシンプル!

「ギターのコントロールの操作がイマイチわからない…」という方もこれなら安心ですね!

あっ、唐突ですがここで価格を発表させてください←!?

税込 ¥126,500

です!

なぜ今発表したかと言いますと

以前までは定価が約60万円のカスタムショップ製でしか採用されてこなかった彫金入りのメタルのジャックプレートや裏パネルが今回のモデルにも採用されているからです

そしてさらに…

ペグは、弦交換が10倍楽になる、みんな大好きロック式のペグが採用されております!

ちなみに裏の全体はこんな感じ

ボディが身体にフィットするようにカットが入っております

いかがでしたでしょうか

ギターとしては比較的シンプルな造りとなっております『SCW22』ですが、弾く人にとって嬉しい要素が随所に散りばめられており、長く使っていただけるギターになっているのではないかと思います

さて、ここで一つ耳寄りな情報がございます

初回特典 オリジナルTシャツプレゼント!

なんと当店にて 『SCW22』 をお買い上げいただいたお客様には、初回特典としてゼマイティスオリジナルTシャツをプレゼントいたします!※数量限定・サイズはMサイズのみとなります

こちらは御茶ノ水楽器センター店頭・ECサイト限定企画となっておりますので、お早めにどうぞ!

食欲の秋、読書の秋、そしてギターの秋 !?

新しい季節にゼマイティス 『SCW22』 を是非チェックしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

今回のギター

ZEMAITIS SCW22, Metallic Red

https://www.gakkicenter.com/SHOP/00036-00106726.html

ZEMAITIS SCW22, Metallic Gray

https://www.gakkicenter.com/SHOP/00036-00106725.html

ZEMAITIS SCW22, Dark Metallic Blue

https://www.gakkicenter.com/SHOP/00036-00106724.html

ゼマイティスのレアな箱モノ(ホローボディー)Virtuoso Seriesが入荷!

8月に入り、夜も暑い熱帯夜な日々が始まりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

昼間は外も暑く、こんな日は家でポロローンとギターでも爪弾こうかな・・・

そこで活躍しやすいのが、生音はアコギよりも小さく、ソリッドボディのギターよりも出る、フルアコースティック(以下、フルアコ)、セミアコースティック(以下、セミアコ)です。

アンプに通してももちろん良いのですが、生音だけでも一人ならお部屋で十分楽しみやすいかなと思います。

「でも、そういったギターってデカイんじゃ・・・」

といったイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、最近ではフルアコ、セミアコでも小ぶりなモデルが出ております。

そんな中、最近ではBAND-MAID(バンドメイド)の小鳩ミクさんが使っていることでも話題のZEMAITIS(ゼマイティス)より、小ぶりな箱モノが入荷しました!

それが、こちら!ZEMAITIS Virtuoso(ヴァーチョーゾ) Series

以前出ておりましたホンジュラスマホガニーを使ったゼマイティスの箱モノも、元 Buckcherry (バックチェリー)のキースネルソンが持っていて、カッコ良かったですね!

この度新しく出ました箱モノは、指板やボディ材の違いなど細かい違いはございますが、大きく分けて二つです

フルアコースティックタイプのV22HB(上記画像、向かいまして右3本)

セミアコースティックタイプのV22SH(上記画像、向かいまして左4本)

ハッキリとした違いといたしましては、ホールが違います。

こちらはV22HB

こちらがV22SH

次に、ボディの厚さです。

こちらがV22HB

こちらがV22SH

フルアコのV22HBの方に厚みがあることが伺えるかと思います。

また、スケールは他のゼマイティスと同じく635mm。フラワーナットを備えたゼマイティス・オリジナルのブリッジとテイルピースは、アルミ合金を使用し ております。

一般的な箱モノが16インチ、17インチサイズに対しまして、こちらは約13.5インチですので、抱えやすさ、取り回しの良さも伺えます。

「箱モノでジャズギター弾いてみたいけど、ボディサイズが気になる。弾きにくそう・・・」

「普段、箱モノでジャズ弾いてるけど、もうちょっとお気軽に弾けるギターが欲しいな・・・」

なんて方にもお勧めできる一本です。

弾いてみた印象ですが、V22HBの方は、小ぶりですが、確かに箱モノのエアー感(アコースティック感)を感じました。

商品説明にございます「 ボディーはベンディング方式ではなく、サイド用の板材をくり抜いて空間を作り、プレスではなく削り出しでアーチを付けたトップとバックを貼り合わせる独自のホロー構造を採用することで、アコースティック感のある軽やかな独特のサウンドに仕上がっています。 」というのも頷けます。

V22SHはこちらより薄くセンターブロックもあるので、音にソリッド感もあり、歪ませても抜けが良く、よりオールマイティなサウンドの印象でした。

もちろん、クリーンで弾いてもそれは変わらずでした。

ゼマイティスのホローボディ、現在、店頭に全種類ございます。

細かい違い等は、当店WEBサイトにスペックが載っておりますので、そちらをご覧ください。

もしお気になられましたら、ご来店、お問い合わせ、お待ちいたしております(^_^)

ZEMAITIS Virtuoso Series

ZEMAITIS Virtuoso Series V22HB, Cherry Burst

https://www.gakkicenter.com/SHOP/00015-00102213.html

ZEMAITIS Virtuoso Series V22HB FM, Vintage Natural

https://www.gakkicenter.com/SHOP/00015-00102215.html

ZEMAITIS Virtuoso Series V22HB FM/P, Chestnut Burst

https://www.gakkicenter.com/SHOP/00015-00103506.html

ZEMAITIS Virtuoso Series V22SH/P, Cinnamon Burst

https://www.gakkicenter.com/SHOP/00015-00103502.html

ZEMAITIS Virtuoso Series V22SH/P, Deep Metallic Blue

https://www.gakkicenter.com/SHOP/00015-00103499.html

ZEMAITIS Virtuoso Series V22SH/P, Translucent Black

https://www.gakkicenter.com/SHOP/00015-00103500.html

ZEMAITIS Virtuoso Series V22SH/P, Translucent Red

https://www.gakkicenter.com/SHOP/00015-00103501.html