映画 カーマイン·ストリート·ギター

カーマイン・ストリート・ギターを見てきました。

ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジ地区にある、小さなギターショップの、月曜から金曜までの日常をカメラが記録したドキュメンタリーです。

新宿の小さな映画館に行くと、目当ての時間は、席が完売で、次の19:05まで東急ハンズで時間調整しました。

新宿の街が、久しぶりに行くと、様子が変わっていました。

映画館のロビーにはリック・ケリー氏 制作のギター現物が展示してありました。

日本のミュージシャンが感想のコメントを書いたカードが貼ってあり、鈴木茂さん、真島昌利さん、有田純弘さんなど、僕もお付き合いのある方のカードも見つかりました。

いよいよ入場すると、100席に満たない小さな部屋に小さなスクリーン。PAスピーカーもスタンドで立っていて、イベント会場の様な感じです。

ストーリーは特に盛り上がるわけでもなく、淡々とギターショップの日常を映していきます。

店主のリックと彼の母、弟子のシンディ3人で営業しているギターショップには、様々なジャンルのギタリストが「ハーイ!」って言いながら来店して、「このギター弾いてもいいかい?」と言って、弾き始めます。

そして、リックやシンディとリラックスして会話していきます。お客様と店員と云う関係とはちょっと違う、ギターの作り手と、ギタリストという、言わば相談相手の様な、会話です。

怪我で中指が動かなくなったギタリストには「こっちの方がネックが太くて、合うんじゃないかい。太いほうが指がリラックスするんだ。」と言い、ギタリストは、「何年間もリハビリに使うくらいなら、このギター買うほうが余程イイな。」と楽しそうにギターを弾き続けます。

リックの作るギターは、ニューヨークの歴史ある建物が取り壊されたりすると、廃材を貰ってきて、キズや汚れなどをそのまま残して作っています。

店自体も、歴史ある建物ですが、そこにも開発の足音が近づいているのが暗示されます。

隣の店が売りに出たと云う話題が出ると、ビジネスマン然とした不動産屋が、訪ねてきて、一言二言話して、名刺を渡して帰っていきます。

しかし、弟子入りして、5年めのシンディが、ギター作りを引き継いでいくシーンも描かれていて、これからも、この小さなギターショップが続いていくんだと、安心しました。

僕が研修で滞在した、サンタモニカのギターショップも、小さな売り場よりも広いリペア作業スペースがありましたっけ。

僕が通った4日の間にも、アンディ・サマーズとジャクソン・ブラウンが来店して行きました。

御茶ノ水楽器センターにも、ご来店してくれた、チャーリ·セクストンが登場します。https://www.gakkicenter.com/hpgen/HPB/entries/6.html

リンカーンも通ったバー「マクソーリーズ」の材木で作ったギターを弾いてもいるシーンでは、苦いコーヒーが好きなチャーリーと話をした時を思い出させてくれました。

皆さんも、アメリカのギターショップの心地良い時間を体験できる映画を是非ご覧になってください。

http://www.bitters.co.jp/carminestreetguitars

湿度管理にお役立ち!楽器のメンテナンス・グッズ!

東京は雨の日が続いて、湿度も高い日が続いております。そんな湿度は、体調にも影響が出ることもあるかと思いますが、楽器にも影響が出る恐れがあります。梅雨対策を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

久しぶりにギターをケースから出したら、ネックの反りやボディのコンディション、パーツの錆びやカビが・・・

また、これからケースにしばらく楽器を入れておくのに、このまま入れておくだけでいいのか・・・

そんな梅雨時期の心配に対応してくれるグッズを何点かご紹介いたします!

①GRECO「DRY CREW」

05_1

こちら、ただの乾燥剤ではございません!ケースに入れておくだけで、高湿度では湿気を吸収、低湿度では水分を放出します。

つまり、夏場に吸収した湿気を、冬場の乾燥時期に出してくれるというわけです!

06_107_1

また、いろんな種類の香りのタイプ(レモン、オレンジ、ココナッツ・バニラ、ブルーベリー、シトラス、ローズ、森)もございますので、グッド・コンディションを好きな香りで楽しむ事も出来ますよ♪

②MUSIC WORKS「Fret Defender」

03_1

こちらは先ほどの「DRY CREW」の、フレット・ガードバージョンになります!

フレットガードですので、フレットの保護にもなりますが、効果は「DRY CREW」と同じで、弦と指板の間に挟むだけで、高湿度では湿気を吸収、低湿度では水分を放出します。ギター用(FD-02)、ベース用(FD-03)はもちろん、多弦ベースに合わせたサイズのFD-04もございます。

③MUSIC WORKS「FX Defender」

01_1

こちらは先ほどの「Fret Defender」のエフェクター・ボード内のエフェクターやアンプなどの保護、ケース内の調湿、消臭を目的としたバージョンになります!サイズはS,M,Lの3サイズ展開です。

04_102_1

「Fret Defender」「FX Defender」にはこういった視覚で状態が見れる「吸湿センサー・シート」が付いております。

吸湿センサーがブルーの状態が正常時の状態です。
ピンク色になった場合、吸湿性能が下がっていますので、2時間程度天日干しで乾燥させる必要があります。天日干しをして乾燥させることで、何度か繰り返し使用出来ます♪

 

④MUSIC WORKS「Hyd-Keeper」

08_109_1

こちらはサウンド・ホールに取り付けることによって、アコースティック・ギター・ボディー内部の調湿、消臭、音量を抑えるミュート効果を備えたモデルになります♪

こちらのモデルにも吸湿度合いを視覚化するための吸湿センサー・シール付いています。濃いブルーになった場合、乾燥していますので、ポリエステル生地部分に霧吹き等で水を散布してください。

 

以上、手短にいくつかの湿度対策のメンテナンス・グッズをご紹介いたしましたが、より詳しいことは当店ECサイトにも掲載されておりますので、よろしければご覧ください。

https://www.gakkicenter.com/SHOP/201672/list.html

 

ゼマイティス ギタ-

御茶ノ水楽器センターでも遅ればせながらブログを始めました!

さっそくですが御茶ノ水楽器センタ-と言えばZEMAITIS!

ゼマイティスと言えば御茶ノ水楽器センタ-と言うほど、日本一のゼマイティス展示量を誇るのが当店です!!

1階奥には圧巻のゼマイティス・ギタ-の壁が!!

CUSTOM SHOP

トニー・ゼマイティスが築き上げたアイデンティティを基本に、厳選した木材を卓越した技術を持った熟練のクラフトマンが1本1本丁寧に仕上げた“カスタム・ショップ”。

IMG_7061

ANTANUS

トニー・ゼマイティスの意思を元に今日の新しいアイデアを盛り込んだクリエイティブなモデルを展開する“アンタナス”。

CASIMERE

伝統のボディ・シェイプはそのままに、ピックアップや、ハードウェアなどのアレンジが施されたコストパフォーマンスの高いライン“カシミア”。

IMG_7064

ゼマイティスの伝統に、より自由な発想を取り入れたゼマイティス・Zシリーズ。

IMG_7063

もちろん、ゼマイティスには多くのエレキ・ベ-スもありますよ!

IMG_7065

 

2階アコ-スティック・ル-ムにはハ-トとフラワ-のサウンドホ-ルが特徴的なゼマイティス・アコ-スティック・ギタ-が多数展示中!

お得な12弦ギタ-や、激レア・モデルなどにも出会えるかも?!

IMG_7062

ジミ・ヘンドリックス、ロンウッド、ジョ-ジハリスン、布袋寅泰、HISASHI、最近ではBAND-MAIDの小鳩ミクなど、挙げたら数えきれないほどの世界中のア-ティストを魅了するのがゼマイティスです!!

LEGACY

http://www.zemaitis-guitars.jp/legacy/

全てのグレードにおいて、ゼマイティスならではの個性的なコンセプトやサウンドを持たせ、
コストや工程時間に惑わされることなく製作し、最上級の品質を誇るゼマイティス。

御茶ノ水楽器センタ-に来れば、きっとお客様がお探しのゼマイティスに出会えることでしょう!

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。