安心のメンテナンス保証が10年間受けられる!「オーナーズカード」誕生!

どうも!お茶の水楽器センター随一の愛猫家、Yです。

今回は、先月より開始となったサービス「10年間メンテナンス保証オーナーズカード」のご紹介です!

今、店頭・通販にて30万円以上のギター・ベース本体をお買い上げいただきましたお客様に、御茶ノ水楽器センター・オリジナル「オーナーズカード」を発行しております!こちらはなんと、ご購入から10年間無償にてメンテナンス・サービスが受けられる(ファーストオーナー様に限り)という、特別なカードとなっております!

それがこちら!ドンッ!

*写真のギターは含まれません *カードの発行は1商品につき1枚となります

フォ~☆カッコイイ~☆御茶ノ水楽器センターらしい、ZEMAITISのパールフロントがあしらわれた、まさに「選ばれし者のみに与えられる特別な一枚」といった雰囲気ですね~☆

新品で店頭に並んでいるギターというのは製造されてから間もない物がほとんどとなりますので、購入してからしばらくはネックの「反り」がおきていないかコンディションを見なくてはなりません。特に四季のある日本はギターにとっては過酷な気候と言われており、梅雨時期の過湿と冬場の乾燥に毎年さらされることになります。新品のギターを購入した際は、購入して数年間は少なくとも年に2回程度、購入したお店等にメンテナンスに出していただくという事をオススメしております。そうする事でギターの寿命もグッと永くなります。

話は戻りますが、オーナーズカードによって受けられるメンテナンス内容としましては「ネックの調整、弦高調整、オクターヴ調整、電気系統の不具合改善等」となっておりますが、ギターに応じてしっかりと調整させていただきます。

調整を行うのは、当店が誇る凄腕リペアマンのこの方!

ズンー!

キラーーーーン☆

リペアマンとして40年以上のキャリアを持ち、プロ・のミュージシャンの現場で培われた豊富な経験と知識で、現在でも多くのミュージシャンから厚い信頼を得ております!エレキギター、ベース、アコースティックギター、ウクレレと様々な楽器の問題を解決に導く「巨匠」「仙人」などと呼ばれたりしております。(笑)*仙人は不在の場合もございますので、ご来店の際は一度お問い合わせください。

大切な楽器を末永くお使いいただく為にも、非常に安心なサービスとなっておりますので、是非この機会にご活用いただければと思います!

それではまた次回のブログでお会いしましょう!アディオスッ!

サービスの詳細はこちらのリンクからもご覧いただけます☆

キャラメルズ・ギター・キッチンのNEWモデル入荷!!

どうも!お茶の水楽器センター随一の愛猫家、Yです。

以前にもこちらでご紹介させていただきました、福岡発のハンドメイド・メーカー「Caramel’s Guitar Kitchen(以下CGK)」から、新たにオシャレなカラーのTLタイプが3本入荷いたしました!

その名も!!V3(ブイスリー)!!

まるで仮面ラ〇ダーのような名前で、強そうです。ですが、名前とは裏腹に非常にオシャレなカラーとルックスとなっております。それがこちら!!

ダダッツ!

それぞれ左からCuracau Blue(キュラソー・ブルー)、Cream Pistachio(クリーム・ピスタチオ)、Peach Pink(ピーチ・ピンク)となっております。

このカラーリングに決まるまでに幾度もの試行錯誤を重ねたそうで、トレンドも意識しつつ、今までに無い色をという事でこれに決まったそうです。オシャレ。

以前のシリーズよりもやや低価格帯を狙っているということもあり、例えば塗装の工程をひとつ省く、ピックアップをアジア製の物にするなどして、今回は税込で20万円台前半という手の出しやすい価格という点も魅力の一つですね。

とは言っても、拘る部分はしっかり拘って作られており、CGKの顔とも言える「チェッカード・バインディング」「ニトロセルロース・ラッカー塗装」という点は変えていません。塗装も非常に薄く、木の温もりを感じさせる仕上げも健在。

クラフトマンのK氏いわく、ピックアップはもちろん、パーツ1個にしても色々実際に試してみて、自分が良いと思った物を使うようにしているとのこと。

触り心地が良い~

ヘッド形状は今回からオリジナル・デザインに。↓

さらに今回のこだわりポイントとして「TLタイプなのにフロント・ピックアップの音が良い!」という点が挙げられると思います。今回はフロントに「Roswell Tele Neck Open Pickup / Alnico 5」というモデルを搭載。程良い太さと抜けるハイ・ミッドレンジ、フロントで使う事でややウェットで艶を感じさせ、これは実際に試すと一目瞭然ならぬ、一聴瞭然「これは使えるぞ!」となるサウンドに仕上がっています。フロント・ポジションのサウンドに関してはメーカーの担当者さんもかなりプッシュしてましたね~。

ルックスも良いぞぇ

細かいところで、ブリッジ・サドルがブラス製だったり、ブリッジ・プレートのサイドがカットされていたりというのも、プレーヤーでもあるクラフトマンの拘りを感じますね。

ちなみにリアはGOTOH PICKUPSのアルニコ5を搭載

「ネオ・アンティーク・シリーズ」と謳われているように、塗装が非常に薄い為、使用に伴い「使用感」「エイジング」を楽しめるというのもポイントです!世界に1本だけの、自分だけのオリジナルの1本に仕上がるというわけです!まるで生き物を育てるような感覚で、愛着もひとしおですね♬

さて、いかがでしたでしょうか、今回ご紹介したCGKのNEWモデル「ネオ・アンティーク・シリーズ V3」!

是非、当店店頭にてお試し下さい!

ネットからのご注文はこちらから↓

Curacau Blue(キュラソー・ブルー)

Cream Pistachio(クリーム・ピスタチオ)

Peach Pink(ピーチ・ピンク)

それではまた!アディオス!アミーゴス!

グレッチギターのリプレイスメントピックアップ「TVジョーンズ」その2

前前前世ならぬ、前前前回にもこちらのブログでご紹介しましたTVジョーンズピックアップ(前前前回のブログはこちらからどうぞ)ですが、こちらでは

第二弾

という事で、前前前回とは変わり、シグネチュアモデルや変り種等をご紹介いたします。

TV Jones Brian Setzer Signature

ブライアンセッツァーのシグネチュアモデルのグレッチギターにも搭載されている、ブライアンセッツァーのシグネチュアモデルのTVジョーンズ・ピックアップです。

TVクラシックと比べますと、より音がクリアで音の輪郭がハッキリ出る印象です。

「TVジョーンズ社の創始者であるトーマス V.ジョーンズは、ブライアン・セッツァーとの20年以上に渡る長い付き合いの中で、ブライアンが理想とするピックアップのサウンドは、「これだ!」というものを熟知していました。
その理想のサウンドのために研究開発した結果、誕生したのがブライアンセッツァー・シグネイチャー・ピックアップです。
ブライアンセッツァー・シグネイチャー・ピックアップは、TVクラシックのコイル・デザインを全て見直し、クリア・サウンドのためのコイルとファットでダークなサウンドのためのコイルを2種類組み合わせています。
この2つの異なるコイルの性質をミックスさせることで、高周波数のキャンセルを抑え、明瞭なトップ・エンドとパンチの効いたロー・エンドを手に入れることに成功させました。
一言で表現するならば「ブラインの好きな、より透明感のあるトーン」だと言えます。
ブライアンセッツァー・シグネイチャー・ピックアップは、TVクラシックとTVクラシック・プラスの中間にあたる出力とトーンを持ったピックアップに位置づけられるモデルです。
フィルター・トロンのルックスを持ったメタル・カバーには、シグネイチャー・モデルであることを証明するサインが刻印されています。」

もちろん、ブライアンセッツァーが好きな方や、サウンドにクリアさをより求めたい方にも、新しく搭載するのにお勧めのピックアップとなっております。

TV Jones Ray Butts Ful-Fidelity Filter’Tron

こちらはフィルタートロンの1959年当時の最初期の仕様を忠実に再現したピックアップです。

TVクラシックと比較しますと、やや丸みや温かみのあるサウンドの印象です。

「TV Jones社の創始者であるトーマス V. ジョーンズは、グレッチ・オリジナル・ピックアップのフィルタートロンの最初期のピックアップの開発者Ray Butts(レイバッツ)の家族の協力のもと、貴重な実物と当時の設計資料を手にする機会を得ました。
フィルタートロンは、世界で初めてハムキャンセリング・ピックアップとして特許を1959年6月30日(特許No.2,892,371)取得したピックアップのひとつです。
1958年に誕生してから50年以上の時を経て、トーマス V. ジョーンズの手によって復刻されたピックアップがRay Butts Ful-Fidelity Filter’Tronです。
当時フィルタートロンは、Chet Atkins(チェットアトキンス)用のピックアップとして開発されました。
レイバッツの目標は、真の高音質トーンの実現、外部ノイズの軽減、当時のピックアップの欠点をすべて緩和することでした。
その想いが実現された最初期のフィルタートロン・ピックアップを再現したRay But t s Ful -Fidelity Filter’Tronは、当時と同じくボビンがポッティングがされておらず、メタル・カバーは容易に外れ、トップには“PAT. APPLIED FOR”の文字が刻印されています。
もちろんコンダクターはヴィンテージの2芯仕様です。」

TV Jones Paul Yandell Duo-Tron

なかなか見た目にもインパクトのある仕様ですが、上がネック用で下がブリッジ用となっており、フィンガーピッキングスタイルに特化したピックアップとなっております。

「ユニークで独占的なデザインは、チェットアトキンスと親友のポールヤンデルとして知られていた親指の指ピッカーによって開発されました。
Paul YandellのDuo-Tronは、オリジナルの特許図面にレイアウトされたRay Buttsのステレオコンセプトの簡略版です。
ブレードと特殊な合金のポールスクリューを組み合わせることによってマグネットの応答が強調されます。
ネック・ポジションでは、ブレードはより大きな音を提供し、フルメロディー・ラインに適しています。
プレイヤーは高音弦の感度を失うことはなく、音の強さと同様に重要な感触の両方に影響するより完全で大胆な応答に気付くでしょう。」

T-90

P-90デザインではありますが、TVジョーンズサウンドのクリアさを取り入れたモデルです。

「T-90は、トラディショナル・デザインのシングル・ピックアップです。
T-90ブリッジ・ピックアップの特徴は、従来のP-90に比べて高音が太く、低音がよりクリアなことです。
その音色は驚くほどダイナミックです。
ネック・ピックアップも従来のP-90にありがちなヌケの悪い低音が取り除かれ、よりクリアな音色が得られます。
スタンダード・アル二コIVバー・マグネットの採用により、クリアで温かみのある音色を実現しています。
また、大きめのポールピースを採用することで、弦振動を的確にとらえます。
TVジョーンズのT-90はこれまでにないほど、優れたP-90タイプのピックアップです。」

TV Jones Starwood Strat Pickup

TV Jones Starwood Tele Pickups

ストラトキャスターやテレキャスターにもグレッチサウンドを取り入れたい・・・

そんなご要望にお応えするのがこちらのモデルです。

ストラトキャスターはネック、ミドル、ブリッジ。テレキャスターにはネック、ブリッジとピックアップがございますので、お好みで好きなポジションに搭載出来ます。

サウンドはそれぞれ、ストラトキャスターやテレキャスターのピックアップサウンドにT-Armondのテイストを加えたサウンドとなっております。

「Starwood Strat Pickupは、伝統的なストラトキャスター・ピックアップのクラシック・トーンにT- Armondの持つヴィンテージなヴァイブ感を組み合わせて設計しています。
特徴的な大きめのポールピースを持ち、ヴィンテージ感のあるCloth Pull Back Wireを採用した2コンダクター仕様です。
一般的なストラトキャスター(シングル・コイル)・ピックアップが装着されたギターに搭載可能※です。」

「Starwood Tele Pickupは、伝統的なテレキャスター・ピックアップのクラシック・トーンにT-Armondの持つヴィンテージなヴァイブ感を組み合わせて設計しています。Starwood Tele Pickup Neck(ネック・ピックアップ)は非常に豊かな倍音を伴った破壊力のあるトーンが特徴です。ダイレクト・マウントだけでなく、ピックガードに吊り下げてマウントすることも可能※です。
Starwood Tele Pickup Bridge(ブリッジ・ピックアップ)は非常に優れたバランスを持ち、アグレッシヴで厚みのあるトーンが特徴です。
2コンダクター仕様でヴィンテージ感のあるCloth Pull Back Wireを採用しています。
一般的なテレキャスター・ピックアップが装着されたギターに搭載可能※です。」

※取付けの際ギターに加工が必要な場合もあります。

TV Jones Starwood Humbucker

TVジョーンズによるPAFスタイルのハムバッカーです。

サウンドはネック側はバランスが良く、低音弦もクリアです。ブリッジ側はレスポンスが良く、高域にアタック感があります。

「40年以上に渡って良質なヴィンテージPAFを実際に手にし、サウンドを聴いてきたトム・ジョーンズが、ピックアップ製造ビジネス25年目にして、初めてPAFスタイル・ハムバッカー・ピックアップの「Starwood Humbucker」を設計・開発をしました。
トム・ジョーンズは、「オリジナルPAFを再現したピックアップは世に数多く出てますが、それらのサウンドを大きく上回る自慢のピックアップが完成しました。」と語っています。
Starwood Humbuckerは、独自の合金を使用し、コイルへ軽いワインディングにこだわり、マグネットの磁力のバランスやポールピースのサイズの仕様にTV Jonesならではの特性を持たせました。
その結果、クリアで鋭く、パンチのある、ギターとしての音色が優れたピックアップに仕上がっています。
Starwood Humbuckerは、2コンダクター仕様で、一般的なハムバッカー・ピックアップが搭載されたギターに使用可能※です。」

※取付けの際ギターに加工が必要な場合もあります。

以上が、今回のブログにてご紹介するTVジョーンズピックアップ・その2になります。

当店WEBサイトではTVジョーンズの在庫を豊富に取り揃えておりますので、より商品の詳しい説明に関してはこちらからご覧ください。

SNSも行っております。新入荷の商品もこちらから発信しておりますので、お気軽にフォローよろしくお願い致します。

インスタグラム

ツイッター

新たにラックストーンギターが入荷!!

関東では梅雨入りが発表されたしたが、そんな梅雨空をブッ飛ばすような極上のハンドメイドギター、Luxxtone Guitarsが新たに3本アメリカから届きました!!

今回もルシアー(弦楽器職人)であるジェリー・バイゾン氏のハンドメイドによる作品で、どれも世界に一本のギターです!

まずご紹介するのはリバースヘッドにフロイドローズ搭載、ピックアップはラックストーン・オリジナルのSSH仕様、センター&リア、もしくはリア選択時に、フロントピックアップの音をブレンドすることが出来るという画期的で多彩なサウンドメイクが可能という最新のイノヴェーションを採用したChoppa S Aged white

さらに過去に存在していた至高のヴィンテージなデザインと風格漂うレリック仕様

パーツのエイジング加工も含め、ヴィンテージ感漂う、ルックスとなっております。

まさにラックストーンがうち出す現在と過去の融合が生み出した作品です!!


Choppa S Aged whiteの商品ページはこちら

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
https://www.gakkicenter.com/SHOP/00063-00109077.html

次にご紹介するギターはこちら↓↓

Choppa S Textured black

こちらのモデルはテクスチャード・フィニッシュにより、アッシュの木目や質感を活かした塗装となっており、アンティーク感漂うルックスとなっております。
更に、フレイムメイプルネックが、このギターの雰囲気を引き立てております。
こちらのギターもセンター&リア、もしくはリア選択時に、フロントピックアップの音をブレンドすることが出来、多彩なサウンドを作ることが出来ます。

Choppa S Textured blackの商品ページはこちら

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

https://www.gakkicenter.com/SHOP/00063-00109078.html

最後にご紹介するギターはこちら↓↓

Choppa T Textured Weathered Fence Grey

テクスチャード・フィニッシュにより、アッシュの木目や質感を活かした塗装となっており、パーツのカラーリングも含め、アンティーク感漂うルックスとなっております。
更にネックに入っているバーズアイと、リバースヘッドの仕様が、まさにこれにしかないギターの個性を、より引き出しております。
軽量なAshボディで、クリーンでもクランチでも非常に軽快なサウンドを奏で、カッティングからリードプレイまで気持ち良く弾けます。

Choppa T Textured Weathered Fence Greyの商品ページはこちら

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

https://www.gakkicenter.com/SHOP/00063-00109081.html

カリフォルニアで丁寧に製作されたハンドメイドギター、ラックストーンギターを御茶ノ水楽器センターでぜひお試しください!!

「ゼマイティスVIPルーム」爆誕!

どうも、御茶ノ水楽器センターの愛猫家、Y田です。

今回は御茶ノ水楽器センターの店内に誕生した特設スペース「ゼマイティスVIPルーム」について解説していきます!押忍!

まずは全景↓

ダッダァ∼ン!!

(ボヨヨンボヨヨン♪)

どうですか~このラグジュアリーな雰囲気~♪

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、以前ゼマイティスの聖地として神田の高架下に「ゼマイティス・ミュージアム」というゼマイティス専門店がございました。そのミュージアムが無くなってしまった今、どうにか近いものを作れないかと、現在ゼマイティスの旗艦店である当店、御茶ノ水楽器センター内に作ったのがこの「ゼマイティスVIPルーム」なんでございます!!はい。

現在、ゼマイティスのブランドホルダーである神田商会の直営店舗として、ゼマイティスの旗艦店として、現在ラインナップされているゼマイティスを全て展示、販売をしているんでございます。はい。

2000年初頭から販売が開始された「トニーズ・コレクション」をはじめ、その後のシリーズ「アンタナス」「カスタムショップ」、現在メインで生産している「MFG」「MFGV」「DFG」「SCW」「SEW」「SFW」「ヴァーチュオーゾ・シリーズ」をラインナップ。

新品のゼマイティスをゆっくりと、じっくりとお試しいただける空間となっております。

ゆったりとしたソファーで試奏出来ますヨ
トニー・ゼマイティスに見守られながら
お水なんかもあり
ハンドメイド・ブランド、一点モノの個人製作家の作品も

いかがでしたでしょうか。日本広しといえども、ゼマイティスをこれだけの本数展示しているショップは他にありません!

まるで隠れ家のような、ゼマイティスVIPルームでゆっくりとじっくりとゼマイティスを心ゆくまでご堪能いただけますヨ♪

ゼマイティスにご興味のある方は是非旗艦店である「御茶ノ水楽器センター」へ一度足をお運びくださいませ!

ではまた!

グレッチギターのリプレイスメントピックアップ「TVジョーンズ」

最近ではグレッチギターのレギュラー品にも多く搭載されておりますピックアップがこちら

TV JONES

ブライアンセッツァー(ストレイキャッツ、ブライアンセッツァーオーケストラ)、ビリーギボンズ(ZZトップ)、ビリーダフィー(ザ・カルト)、国内では横山健さん(Ken yokoyama(Ken Band),BBQ チキンズ,ハイ・スタンダード)、浅井健一さん(ブランキージェットシティ、アジコ、シャーベッツ)、菅波栄純さん(ザ・バックホーン)等々、グレッチユーザーの方が多数ご愛用してくれています。

こちらではTVジョーンズの代表的なピックアップをいくつかご紹介いたします。

TV Jones TV Classic

TV JONESの中でも1番人気で定番のTVクラシック。グレッチギターの現在のヴィンテージシリーズ・ギターの多くに採用もされているピックアップです。

迷った時には、こちらの定番モデルから試してみることをお勧めいたします。

「数多くの著名なミュージシャンの使用で知られてきた、「フィルタートロン」のビンテージサウンドですが、これまでその憧れのトーンを奏でるために、ギターに搭載するピックアップの入手がとても困難でした。
しかし、TVジョーンズから登場したTVクラシック・ピックアップが、かつてのトゥワンギーなあのサウンドを実現しました。
このTVクラシックは、1950年代後期に採用されたオリジナルの「フィルタートロン」の外観を再現し、さらにポールピースの間隔をネック・ピックアップで9.652mm、ブリッジ・ピックアップで10.312mmとし、的確に弦振動をとらえることが可能となり、「フィルタートロン」サウンドを最大限に発揮します。」

「クリーンでコンプレッションされたハイエンドにパワーを両立させました。
丁度、フェンダーのシングルコイルとギブソンのハムバッカーの中間的なトーンだと言えます。

TV Jones Power’Tron

最近では、なかやまきんに君さんでもおなじみの「パワー」ですが、こちらはTVジョーンズのパワートロンです。

見た目は先ほどのTVクラシックと変わりませんが、TVクラシックより出力を上げ、ローミッドを出せるようにしたモデルとなっております。

ガンガン歪ませて弾きたいという方にもお勧めです。

「TVクラシックの持ち味であるきらめく様なサウンド、そして透明感のあるベースノートの特徴を残しつつ、強力なミッドレンジ、高出力なスペックをフィルタートロン・サイズに組み合わせ誕生したパワートロン・ピックアップ。
パワートロン・ブリッジ・ピックアップの心臓部に特別に長い2本のボビンを使用して、スタンダード・ゲージのワイヤーのターン数が増えたことで、ベースノートの深さとクリアさが強調したトゥワンギーさ、トレブルノートがフル出力され、ミッドレンジが太いサウンドを実現しました。
全体的なトーン・クオリティーは、伝説の「50年代PAF」とグレッチ・サウンド特有のトゥワンギーをブレンドしたサウンドに仕上がっています。」

「TVクラシックを基本にパワーアップさせたトーンです。
パンチを効かせたミッドレンジとクリーンなハイエンドが特徴で、若干ダークな印象を受けます。
ギブソン的なオーバートーンと表現しても良いと思います。
コイルタップさせて使用することも可能です。」

TV Jones Super’Tron

TVクラシックよりもウォームなサウンドで、やや音に丸みを持たせたスーパートロン。

フロントに載せてジャズを弾くのにも良いかもしれません。

「このスーパートロンピックアップは、TVクラシックのポールピース・マグネットをバー・タイプのブレードに変更したピックアップです。
ブレード・タイプを採用することで表面上により広範囲の磁界を得られ、その結果、より強力なパワー感を実現しました。
そのトーンは、クラシックな透明感を残しつつ、パンチのあるサウンドに仕上がっています。」

「TVクラシックのコンセプトを基本に、よりファットなトーンが特徴です。
1960年代中期のラミネイト・ブレードのスーパートロンより、ウォームなトーンです。
ネック用は、よりウォームなトーンです。」

TV Jones Magna’Tron

フィルタートロンサイズのギターを持っているけど、ダイナソニックのようなサウンドが欲しい・・・

そんな方には、こちらのマグナトロンがお勧めです。

「フィルタートロンのルックスを持ちながら、ダイナソニック・サウンドを実現したモデルがマグナトロンです。
マグナトロンは、グレッチのフィルタートロン(ハムバッキング)から載せ換えることの出来るピックアップです。
フィルタートロンのルックスで、ダイナソニック・サウンド(シングルコイル)に近いサウンドが手に入ります。
ハムバッカー構造であるので、不要なハムノイズもありません。」

「ブライトでセンシティブ、そしてタイトでクリアなローエンド。
シングルコイルのトーン・キャラクターを持ったハムバッカー・デザインのピックアップです。」

TV Jones TV-HT

テネシアンにも搭載されているハイロートロン。こちらは現在発売中のヴィンテージシリーズのテネシーローズ(G6119T-62VS)や、浅井健一さんモデル(G6119T-65KA)にも搭載されているハイロートン「TV-HT」です。

シングルコイルで出力は低いモデルになりますが、フィルタートロンとサイズは一緒ですので、サウンド的にもルックス的にも、がらりと印象を変えたい場合にも良いモデルかもしれません。

「TV-HTシングルコイル・ピックアップは、フィルタートロンのキャビティーに合わせたモデルです。
ビンテージのハイロートロン・シングルコイル・ピックアップを進化させたレプリカであるTV-HTは、トゥワンギーでメロウなベース音とハイトレブルを再現するようデザインしています。
ユニークなサウンドの再現を可能にしたこのTV-HTには、TVクラシックのボビンに細いゲージの銅線、セット・スクリュー・スタイルのポールピースを採用しています。」

「タイトでクリアなローエンドを持った、トゥワンギー・トーン。」

TV Jones T-Armond

こちらはダイナソニックタイプのリプレイスメントピックアップ、T-アルモンドです。

ダイナソニックピックアップに比べますと、ファットで歪みのノリも良い印象で、ノイズも低減されております。

「スウィートなトーンを備え、高い機能性を備えたT-アルモンド・シングルコイル・ピックアップです。
T-アルモンドは、ダイナソニックやディアルモンドの交換用として最適なピックアップで、アメリカ製のマグネットを使用し、洗練されたデザインで仕上げています。
各ポールピースの高さが個別に調節可能なシリンダー・マグネットを採用することで、各弦ごとの出力調整が可能です。
フロント・ポジションにマウントしてもバランスがよく、非常に透明感があります。
伝統的なディアルモンドのピックアップは、ブリッジとネックのポールピースの間隔が同じなのに対し、T-アルモンドは、ブリッジ用とネック用の2種類のピッチを用意しています。
それぞれ弦の真下にポールピースが配置されるため、より良いトーンが得られる設計となっています。」

「ブリッジ・ポジションではフル・ボディ・トーン。
ネック・ポジションではクリアで透き通ったトーン。」

ここまでは各ピックアップの特徴についてお伝えいたしました。

また、TVジョーンズに関しましては

「グレッチ・エレクトロマチックのギターにも搭載したい!」「自分が持っているハムバッカーのギターをTVジョーンズに交換したい!」

このような方に対応出来るように、現在、フィルタートロンサイズのギターのいくつかはユニバーサルマウントという仕様になっておりまして(一部モデル除く)、TVジョーンズより発売されております専用のエスカッションを使用しますと、搭載出来るようになっております。

そのエスカッションがこちら

EM-1

EM-2

フィルタートロンサイズは通常のハムバッカーより小さい為、こちらのEM-1を使用すれば綺麗に収まります。

エレクトロマチックに関しましては、EM-2を使用しますと、高さ調整ネジの所が収まります。

こちらの搭載に関しまして、別で当店WEBサイトにてご紹介しておりますので、詳しくはこちらもご覧ください。

TV JONES ピックアップ Universal Mount 取り付けレポート

グレッチはもちろん、他のギターにもマッチし、そのサウンドで虜にするTVジョーンズ。

まだまだ色々なピックアップが出ておりますので、またの機会にご紹介致します。

TV JONESピックアップが気になった方は、こちらの当店WEBサイトから、お気に入りの商品を探してみてください。

https://www.gakkicenter.com/SHOP/209813/139134/list.html

また、2016年にご来店されましたTVジョーンズの創設者トーマス・V・ジョーンズご来店レポートはこちらから

Thomas V.Jones氏 ご来店レポート

SNSも行っております。新入荷の商品もこちらから発信しておりますので、お気軽にフォローよろしくお願い致します。

インスタグラム

https://www.instagram.com/p/CSs10aAJC8V/?utm_source=ig_web_copy_link

ツイッター

楽器ブランドのアパレルはいかがでしょう♪

皆さまこんにちは!御茶ノ水楽器センターの間部です!

すっかり暖かくなりいよいよ本格的な春が到来ですね♪

お花見にも行きたいし、旅行も行きたいし、春はなにかとテンションがあがります!!

私は花粉症で目が痒くてたまりませんが++

ところで楽器ブランドでも沢山のアパレル商品があるのをご存じですか??

もちろん当店でも取り扱い有りますよ♪

そのなかでも最近入荷したオハナウクレレのリンガーTシャツはいかがでしょう?

カラーは赤、黒、クリームの3色展開で、サイズはS、M、L、XLとそれぞれご用意しております。

これからの季節にぴったり♪

※サイズ: S

■肩幅: 約37cm
■身幅: 約44cm
■袖丈: 約20cm
■身丈: 約67cm

※サイズ: M

■肩幅: 約42cm
■身幅: 約50cm
■袖丈: 約20cm
■身丈: 約70cm

※サイズ: L

■素材: 綿100%
■肩幅: 約48cm
■身幅: 約55cm
■袖丈: 約22cm
■身丈: 約73cm

※サイズ: XL

■肩幅: 約52cm
■身幅: 約61cm
■袖丈: 約22cm
■身丈: 約77cm

素材は綿100%で、着心地最高です♪

ヴィンテージ風のオシャレなデザインでアメカジ好きなスタッフも即買いしました(笑)

Processed with Focos

ちなみにモデルのスタッフは身長172cmでSサイズを着用してます!

その他、ゼマイティス、ディアンジェリコ、グレッチ、ジャクソン、シャーベル、プロムコ等でもアパレル商品ございますので詳しくは下記の商品ページをご覧ください!

アパレル&雑貨

それでは皆さま、新しい季節を楽器と一緒に楽しみましょう♪♪




最上級グレード、ゼマイティス「THE PORTRAIT Pearl Front, Ring Chess」入荷!

皆さんこんにちは!

立春は過ぎましたが、まだまだ寒さが続くこの季節、いかがお過ごしでしょうか?

御茶ノ水楽器センターでは、ギンギラギンにさりげなく・・・いや、ギンギラギンで際立つ、この美しい1本が入荷しました!

ZEMAITIS THE PORTRAIT Pearl Front, Ring Chess

まばゆい輝き・・・もっとボディに近づいてみましょう。

ドンッ

煌めいてますね・・・スラムダンクでおなじみの、煌めくときにとらわれてますね・・・

更に、ドン

こちらの美しい輝きは ボディー・トップにマザー・オブ・パールとソリッド・アバロンを使用した、豪華な装飾をしたゼマイティスならではのデザイン性の高いモデルです。 モデル名に入ったChessは、ボディー・トップのセンターにアバロンとマザー・オブ・パールが格子状に並び、まるでチェスボード(チェス盤)を思わせることに由来しております。

そもそも、この THE PORTRAIT(ザ・ポートレイト) とはなんぞやというところですが

THE PORTRAIT(ザ・ポートレイト)モデルはゼマイティスのラインナップの中でも最上級グレードとして誕生しました。
価値のあるプレミアムな素材を集め、開発部門が現在持っている最先端で最高の技術を存分に駆使し、細部にこだわり日本で製作したモデルです。
トニー・ゼマイティスが生み出した英国発祥のゼマイティスらしさやデザインは継承しつつ、最前線でプレイするギタリストやギター・テクニシャンたちへの徹底的なヒヤリングを重ね、パーツ、装飾、仕上がりのどの点においても現代のトップ・プレイヤーが十分に満足するモデルに仕上がっています。

と、ゼマイティスの伝統を、現在に求められている物へ融合し、革新していくモデルとなっております。

ですので、もちろんその魅力はボディトップだけではございません。

眩いパールに鏃プレートのデザイン、よりギターの存在感を引き立たせるヘッド。

ボーン・ナットはトニー・ゼマイティスの手法に倣い、手作業によるスキャロップ加工を施しています。 スキャロップナットは、音の分離が良くなるといわれております。

ボディー・バック、ネックには、厳選されたアフリカン・マホガニーを採用。 ラッカーフィニッシュです。

ピックアップは、メタル・カバード・タイプのリンディー・フレーリンのピュアP.A.F.を2基搭載し、コントロールは定評のあるCTSポットを使用し、各ピックアップ・ヴォリュームと各ピックアップ・トーンのレイアウトです。
スイッチクラフト製の3ウェイ・ピックアップ・セレクター・スイッチを備え、トーンのキャパシターはオレンジ・ドロップを使用し、内部の配線方法はヴィンテージ50sトーン・ワイアリングを採用しています。
また、ヴォリュームを絞った際にもフル・ヴォリュームと変わらないトーンを実現するトレブル・ブリード・サーキットも導入しています。

ペグには信頼性の高いゴトー製のロッキング・チューナーを使用し、チューニングの安定性を確保しています。

ニューモデルのパール・フロントは、脈々と続くゼマイティスのパール・フロント特有のトーンを継承しています。

2004年には ジョーペリー(エアロスミス)、ジョーウォルシュ(イーグルス)がゼマイティスギターを使用し話題を呼びました。

現在ではBAND-MAIDの小鳩ミクさん、GLAYのHISASHIさん、布袋寅泰さん、プリンセス プリンセスの中山加奈子さん等々、日本人アーティストの使用により、更に国内人気も高まるゼマイティス。

そのゼマイティスの新たなる1ページを刻み始めたこのモデル、生産本数は限られたものとなっておりますので、気になられました方は、是非当店のWEBサイトよりご覧ください。

下記から当店WEBサイト商品ページに飛べます!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

ZEMAITIS THE PORTRAIT Pearl Front, Ring Chess

御茶ノ水楽器センターではインスタグラム、ツイッター等、SNSも好評配信中!入荷した商品の情報をいち早くアップしておりますので、よろしければフォローよろしくお願い致します!

また、御茶ノ水楽器センターYouTubeチャンネルでは、入荷したギター等の試奏、レビューも行っております!

YouTubeはこちらからどうぞ

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

御茶ノ水楽器センターYouTubeチャンネル

ご存じでしょうか?”バラゲール・ギターズ”

皆さま、あけましておめでとうございます!←いまさら感

御茶ノ水楽器センターの工藤です

本年も御茶ノ水楽器センターをどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

皆さまは年末年始をどのように過ごされましたか?

私は地元の青森に帰省していたのですが、それはもうすごい雪でした

今月は関東でも雪が降ってニュースになっていましたが、東京の10倍くらいは降り積もっていました笑

東京は雪が少なくてもまだしばらくは寒い日々が続きそうですので、暖かくしてすごしましょー

さて、今回のブログでは当店の新規取扱ブランドをご紹介!!

バラゲールギターズ

バラゲールギターズ(英語表記: Balaguer Guitars)は、2015年にアメリカのペンシルベニア州ポッツタウンにて、ギタールシアーのジョー・バラゲールが創設した新興ギターブランド です

バラゲールは、モダンなデザインとヴィンテージなインスピレーションが融合した、プレイヤーの創造性を刺激する楽器を生み出しています

今回はそんなバラゲールギターズの当店での取り扱いモデルをご紹介いたします!

Thicket Standard

Thicket Standard, Gloss White

Thicket Standard』は、トラディショナルな雰囲気を持たせたオリジナルのボディデザインで、エルボーカットやバックカット、ストレスのないハイフレットへのアクセスを可能にしたヒールカット、バック側カッタウェイのスクープカットを採用した、演奏性の高いモデルです

ピックアップには、ブリッジ側、ネック側共に米国製オリジナルのピックアップと同じスペックで製造がされた『Feralハムバッカー』が採用されており、1ヴォリュームとコイルタップスイッチを兼ねたトーン、3ウェイのピックアップセレクタースイッチを装備しています

こちらのモデルは他に3つのカラーをご用意しております

Thicket Standard, Gloss Pastel Pink
Thicket Standard, Gloss Pastel Green
Thicket Standard, Gloss Vintage Red

Espada Standard

Espada Standard, Gloss Vintage White

Espada Standard』は、先ほどの『Thicket Standard』とはまた違ったオフセットのボディデザインですが、スペックはほぼ共通となっております

ピックアップは、ブリッジ側は『Thicket Standard』と同じく『Feralハムバッカー』ですが、ネック側には『Australシングルコイル』が搭載されており、こちらのピックアップはカントリースタイルのトゥワングサウンドに、美しい高音と十分な低音のレスポンスを感じることができます

2本を弾き比べてみるのも面白いと思います笑

こちらのモデルは2カラーを販売中です

Espada Standard, Gloss Pastel Pink

Diablo Standard

Diablo Standard with Hipshot Hardtail Bridge, Satin Trans White

最後にご紹介する『Diablo Standard』は、先ほどまでの2モデルとはイメージががらりと変わり、メタル感が強いデザインになります

ヘッドはリバースヘッド

デザインはもちろんですが、サウンドもメタル系のジャンルに強いものになります

ピックアップは、米国製の『Truenobucker』と同じスペックで製造されたハムバッカー2基がダイレクトマウントされており、こちらのモデルに採用されているピックアップは高い出力と厚いアルニコVマグネットの組み合わせにより、広い周波数レンジを必要とするジャンルや、ダウンチューニングにピッタリなピックアップです

さて、『Diablo Standard』ですが、こちらのモデルには特別なブリッジが搭載されているモデルがございます

それがこちら

Diablo Standard with Evertune Bridge, Satin Trans White

こちらのモデルには知る人ぞ知る”エヴァーチューン“のブリッジが搭載されています

エヴァーチューンはバッテリーもメンテナンスも不要なブリッジで、一度セットアップをすれば、チョーキングをしようと、どんなフィンガリングテクニックを使用しようと、どんな強度でピッキングしようと、どれだけ弦を引っ張ろうとも、弦のチューニングは合ったままという不思議なブリッジです


弦が1本切れた場合でも、他の弦のチューニングは完全に合った状態を維持します


その為、エヴァーチューン搭載のギターは、どのようなスタジオやライブ環境においても常に理想的な状態でお使いいただけます

メタル系にはまさに持って来いではないでしょうか笑

エヴァーチューン、ぜひ一度お試しください!

『Diablo Standard』は現在それぞれサテントランスホワイトのみの取り扱いとなります

いかがでしたでしょうか

当店は布袋寅泰さんやHISASHIさん、小鳩ミクさんなどでおなじみのゼマイティスのお店としてのイメージが強いですが、今回ご紹介しましたバラゲールギターズのような珍しいブランドも多数取り扱い中です!

皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちいたしておりますm(。^_^。)m

今回ご紹介のバラゲールギターズの詳細はこちら!!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

福岡発のハンドメイド・ギター上陸!

どうも、二回目の投稿となります、御茶ノ水楽器センター随一の愛猫家、Yです。

今回は、福岡で一人の職人がハンドメイドで製作するギター・メーカー「Caramel’s Guitar Kitchen-キャラメルズギターキッチン-」について、少しご紹介したいと思います!

フクオカ・ジャパーンヌッ!!

ビルダーであるK氏は元ラーメン屋という異色の経歴の持ち主で、その当時に出会った現マネージメント担当のN氏がK氏の造ったギターに惚れ込み、是非販売しようと話を持ち掛けたのが始まりだそうです。

ビルダーのK氏

K氏は20代の頃に御茶ノ水で受けた衝撃が忘れられず、様々な職を転々としながらもずっとギター製作は続けていたそうで、56歳となった2020年に本格的にギター職人として製作、販売を決意。現在はコンビニのスイーツ工場で働く傍ら、ギタービルダーとしてキャラメルズギターキッチンのギターを製作しています。

凄っ!

いやw、僕も今年42歳になりますけど、夢を諦めない、諦められない夢があるというのはうらやましいです。。

そして尽きる事のない情熱。

パッション。

ローズ・オブ・パッション!情熱の薔薇っ!

素晴らしいっ!

で、ギターはというと、これがまたオシャレで素晴らしい。

ズビンッ!

こちらはセミアコのモデルで「Sicily Black」。「Sicily」とは イタリア半島の西南に位置する島 「シチリア島」の英語名 だそうです。

クラシックな雰囲気を持ちつつ、見た事のないルックスでパッと目を惹きますね。僕も初めて見た時は衝撃でした。重量も3.5kgと、ビグスビーが付いていてこの重さと考えると、かなり軽めに出来ていますね。

特徴的なのはまずセミアコとしては少し小振りに出来たボディサイズで、ES-335などと比べると一回りほど小さく出来ています。さらにボディとヘッドの淵を飾る「チェッカード・バインディング」「ダイヤ型Fホール」、ビンテージギターを踏襲した手間と時間の掛かる「ニトロセルロース・ラッカー」塗装で独特の風合いを持った仕上げとなっています。

ピックアップにはグレッチのリプレイスメント・ピックアップでアメリカ製「TV-JONES」の「T-ARMOND」のホワイト・カスタムを搭載。決してモダンなサウンドではありませんが、コードの分離感が良く( GRAPHTECH TUSQ製ナットPQ-6010-00を使用しており、その影響も大きいと思われる)リアは心地よく枯れていて、それでいてフロントは高域から低域までバランスの良い艶感を持った、まるでビンテージのギターが当時の新品の状態でタイムスリップして来たかのような・・・そんな感じ。

ラベルもクラシカルで良い雰囲気を出してますね~。

トーンコンデンサーにはNOSのNAZCA ( ナスカ )  Capacitor 630V 0.068μFを採用
Bigsby B7Cトレモロアーム、GOTOH製ABR-1スタイル・ブリッジ
オリジナル・ロゴの入ったオシャレなノブはフェンダー・アンプ・スタイルを採用

ジャック、トグルスイッチはSWITCH CRAFT社製、ポットはCTS製、配線はGibsonスタイルの網線シールドワイヤーを使用と細かい部分にも拘りを感じさせます。

上記しました通り、ニトロセルロースラッカー塗装ですので、湿度や温度による経年変化や使用によるナチュラルエイジング、ウェザーチェック等が発生し、唯一無二の雰囲気へと変化していきます。

是非あなただけの世界に一本のギターへと育てていただきたい!!

It’s Growing up!!!!

いかがでしたでしょうか、福岡から発せられる情熱と信念が生み出す拘りのギター「キャラメルズギターキッチン」。

是非店頭にて実際に実物を手に取ってご覧いただきたいと思います。

今回ご紹介したのは

Caramel’s Guitar Kitchen “SICILY BLACK”

↑クリックするとショッピングページへ飛びます♪飛びます♪

☆現在、御茶ノ水楽器センター店頭にて展示中☆

それではまた次回お会いしましょう!

アディオスッ!